HOME > 普及事業 > 放射線プロセスシンポジウム開催の支援
     
目的

 放射線プロセスシンポジウムは各種産業における放射線利用に関する最近の研究成果の講演とポスター発表、並びに情報交換を行うことにより、放射線の産業利用の普及啓発を図り、明日の科学技術の振興に役立てることを目的として開催されています。

概要

 本シンポジウムは放射線プロセスシンポジウム実行委員会が主催者となり、最新の放射線の産業利用に関する話題を中心として選定された招待講演20件程度と公募に応じた30件程度のポスター発表から構成され、2日間にわたり開催されます。
 本シンポジウムの第1回は1985年(昭和60年)に開催され、以後ほぼ隔年で、2016年(平成28年)には第16回が開催されております。当協会はこの放射線プロセスシンポジウム実行委員会の事務局を担当しています

最近の開催

 ・平成26年6月17日・18日に第15回を開催
 ・平成28年11月8日・9日に第16回を開催しました

 
 Copyright (C) RADIATION APPLICATION DEVELOPMENT ASSOCIATION All Rights Reserved.